HOME > 結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】

結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】


聞き手を引き込み、心を動かす「7つのテクニック」をマスターせよ!

商品を買ってもらう、企画を承認してもらう、就職面接で採用してもらう……
このようにプレゼンで自分が望む結果を出すためには、商品や企画内容、そして自分自身が良いことは当然ですが、いくら内容が良くても「伝え方」が良くなければ、聞き手を動かすことはできません。プレゼンで伝えたいことを確実に伝えるためには、テクニックも絶対必要です。そのテクニックを知っているのと知らないのとでは、プレゼンの結果に明らかな違いが出ます。

そこで聞き手を引き込み、心を動かす「7つのプレゼンテクニック」を、演習中心で身につける1日集中講座です。テクニックはやり方をきちんと学び、練習すれば誰でも使えるようになります。プレゼンに自信がない方も、もっとプレゼン力をつけたい方にもオススメの講座です!

印刷 終了いたしました

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

聞き手を引き込み、心を動かす「7つのテクニック」をマスターせよ!

商品を買ってもらう、企画を承認してもらう、就職面接で採用してもらう……

このようにプレゼンで自分が望む結果を出すためには、商品や企画内容、そして自分自身が良いことは当然ですが、いくら内容が良くても「伝え方」が良くなければ、聞き手を動かすことはできません。プレゼンで伝えたいことを確実に伝えるためには、テクニックも絶対必要です。そのテクニックを知っているのと知らないのとでは、プレゼンの結果に明らかな違いが出ます。

そこで聞き手を引き込み、心を動かす「7つのプレゼンテクニック」を、演習中心で身につける1日集中講座です。テクニックはやり方をきちんと学び、練習すれば誰でも使えるようになります。プレゼンに自信がない方も、もっとプレゼン力をつけたい方にもオススメの講座です! 

・1クラス8名までの少人数制 講義+演習で学びが多い!
大阪会場は1人から開催 せっかく申し込んだのに中止……の心配なし!


■本講座で学べること、身につくこと

  • プレゼン初心者の方……
    テクニックを身につけることで、堂々と自信を持ってプレゼンできるようになります。
  • プレゼン経験者の方……
    なるほど、こういうやり方もあったか!という新たな発見や気づきを得られます。

■こんな方にオススメです!

  • プレゼン力により磨きをかけたい方
  • ライバルにプレゼンで差をつけたい方
  • プレゼンに関する本は何冊も読んでいるが、うまく実践できないとお悩みの方
  • 聞き手の心を鷲掴みにするプレゼンがしたい方
  • とにかくプレゼン勝率を高めたい方

■受講生の声

・自分が聞く立場でなぜ話が入ってくる人とそうでない人がいるのか、その原因・理由がわかった。聞き手の立場に立ったプレゼンを心がけるようにしたい。(物流 M.T様)

・短文(1センテンス)ごとに視線を移すことの重要性を学びました。(精密機器 H.E様)

・自分の課題に対して、問題がどこにあったのか気づき、改善するための技術を学ぶことができた。参加者の理解度がつかめない→視線を配る、問いかける、話し始めると自分でも何を言っているのかわからなくなる→短い文で話す など(医薬 A.M様)

・スライドを使用、作成するときに話をしていることを想像して作らないと意味がないと実感しました。何よりプレゼンは奥が深いですね!(メーカー H.M様)

■プログラム

1.「ストーリー」のテクニック

  • 今回の聞き手を動かすために必要なことは何か?
  • 先にゴールまでの道順を示す 〜プレゼンは推理小説ではない〜
  • 「3」という数字の秘密
  • 【演習】プレゼンストーリーを考える その1

2.「説明・説得」のテクニック

  • 見える化する 数字・ビジュアル・実演(デモ)
  • わかりやすく説明する 例える・比較する・言い換える
  • エピソードを使って訴える
  • 【演習】プレゼンストーリーを考える その2

3.「スライドデザイン」のテクニック

  • スライドデザインの鉄則 1 Slide 1 Message
  • デザインに統一感を持たせる
  • 文章は図解、ビジュアルは最大化
  • 【演習】絵コンテを描く

4.「話し方・伝え方」のテクニック

  • 緩急・強調・間……変化をつけるなら大きく!
  • アイコンタクトで一人一人に語りかける
  • 自由自在に動いて聞き手を引き付ける
  • 【演習】アイコンタクトの練習

5.「トラブル回避」のテクニック

  • トラブルは忘れた頃にやってくる
  • 機材トラブルにはバックアップで備える
  • 内容のド忘れには「メモ」で備える
  • 【演習】プレゼンメモを作る

6.「質疑応答」のテクニック

  • 聞かれそうな質問は回答を準備しておく
  • 質疑応答 3ステップ
  • 答えられなくても信頼される人、答えたのに信頼されない人
  • 【演習】質疑応答の練習

7.「聞き手の心を掴む」テクニック

  • 重要なのは聞き手に「どう見えているか」
  • 堂々と自信のある態度で掴む
  • スライド切替で掴む 〜暗転、リモコン、切替前のつなぎ言葉〜
  • 【演習】自分のプレゼンスタイルをチェックする

■講師紹介

一般社団法人 日本プレゼンテーション教育協会(JPEA)
代表理事/プレゼンテーション・ディレクター
西原 猛

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。

    代表理事である西原は、イベントの企画・制作や、上場企業の新製品発表会や決算説明会、株主総会などのPR・IR支援に携わっていたとき、プレゼンテーションの成否が、企業や個人の”その後”を左右する事を痛感。独立しプレゼン技術普及の為に協会を設立。企業 や学校、教育機関などで活躍している。その教え方は「明日から使える技術を、楽しく分かりやすく」がモットー。

【主な登壇実績】SMBCコンサルティング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ナレッジキャピタル、東日本旅客鉃道、富士通システムズ・ウエスト、大阪市都市型産業振興センター、大阪中小企業投資育成、兵庫 ニューメディア推進協議会 ほか多数(敬称略、順不同)

【著書】「トッププレゼンターの技術」シリーズ(インプレス)
「ぐるっと!プレゼン」(すばる舎)

【インタビュー掲載】リクルートワークス研究所 機関誌「Works」2016.4月号

 

セミナー名 結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】
講師名 西原 猛
開催日時 2017年 1月 17日  10時 00分 ~  17時 00分 
(受付開始:10:00)
定員 8名
会場 大阪/淀屋橋 share YODOYABASHI deck
会場の連絡先 050-3681-0930
所在地 大阪府大阪市中央区北浜4 丁目2-13淀屋橋今西ビル4F
受講料 21,600円
お支払い方法 ※受講料は税込み、教材費含む。

※※※講座案内の郵送先について※※※

講座案内を「会社」または「ご自宅」に郵送させていただきますので、
講座運営事務局(info@jpea.jp)まで、下記項目をお送りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
郵便番号
住所
会社名
部署
電話番号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■受講料のお振込み先
受講料は下記銀行口座へ各講座の開講前日までにお振り込み下さい。

振込先 :三菱東京UFJ銀行 大阪営業部

口座番号:普通 0602253
名 義 :一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会

なお、振込手数料はご負担頂きますようお願い致します。
領収書は取扱金融機関等の振込受領書をもって代えるものとします。
申込締切 2017年 1月 15日 
準備するもの 名刺
筆記用具
キャンセルについて ※止むを得ずご参加できない場合、代理参加は可能ですので、3営業日前までに代理の方のお名前をご連絡ください。

当協会が開催する講座等の参加費をお支払い頂いた後のキャンセルに関しては、当協会が定めるキャンセル料を差し引いて返金いたします。ご入金いただいていない場合はご請求致します。

講座開催日の14営業日前から7営業日前まで
キャンセル料:受講料の30%

講座開催日の6営業日前から3営業日前まで
キャンセル料:受講料の50%

講座開催日の2営業日前から当日まで、および無断欠席
キャンセル料:受講料の100%

キャンセル料の支払いは、弊社指定の銀行あての振込みとなります。手数料等は受講者負担とします。
備考 ・天災及びその他やむを得ない事情により、セミナー開催中止にさせていただく場合がございます。その場合、電話・メール・FAXのいずれかにより連絡差し上げます。

・開催中止の場合、セミナー受講料は銀行振込にて全額返金致します。受講者がご利用された交通機関や宿泊費などの費用は、当方では負担致しかねます。
主催者 一般社団法人 日本プレゼンテーション教育協会
お問い合わせ先 050-3681-0930   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 終了いたしました