HOME > 実践!認知症ケア研修会2017(大阪会場)

実践!認知症ケア研修会2017(大阪会場)


ケアの過程から最善の認知症ケアを導き出すための研修会介護場面で直面する困難事例をさまざまな視点から解決する!

ご利用者の背景・環境を探らない「アセスメント不足」がケアを難しくする!
認知症ケアの現場でご利用者の対応に悩んだり、困っていることは介護者側都合の「介護者が困らないための対策」になっていませんか?そういった態度や的外れの支援方法がますます認知症の方の混乱を強くしてしまっているのではないでしょうか。それを一つずつ解決していくためには、さまざまなケアの考え方やとらえ方を学ぶことが大切です。認知症ケアに「正解」はありません。認知症の方が望む生活を実現するために日々新しいケアの確立や、支援の工夫などを積み上げていくことで、原因・根拠に基づいたアプローチが必要です。この研修会では【ケアの過程から最善の認知症ケア】を導きだすための新しい発見と日々のケアの再確認を目的としています。

印刷 このセミナーに参加する

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

■講師
・山下 総司氏(緩和ケアクリニック恵庭 介護部門総括責任者)
・安藤 祐介氏(介護老人保健施設ケアセンターゆうゆう 作業療法士)
・市村 幸美氏(認知症専門のナースケアマネ/認知症看護認定看護師)
・中西 誠司氏(有馬高原病院地域包括ケア推進室/認知症サポートセンターセンター長)

■プログラム
「環境設定で回避する認知症の方の暴言・暴力に対するアプローチ」
「環境設定で回避する認知症の方の拒否に対するアプローチ」
「環境設定で回避する認知症の方の帰宅願望に対するアプローチ」
「重度認知症の方のポジショニング-体の傾き、ずれ、ひねり、筋緊張の亢進に対してどう対応すれば良いのか-」
「重度認知症の方への食事ケア-食べにくくなっている方へ何をしたら良いのか-」
「重度認知症の方に楽しく過ごしてもらうための工夫」
「入浴拒否に対してどう対応するのか(1)-原因を推測する方法と対応など-」
「入浴拒否に対してどう対応するのか(2)-浴室内の移動介助の工夫 等-」
「ワンランク上の入浴ケア-ご利用者にとって快適な入浴にするためのこだわり-」
「認知症の方への排便障害の評価と支援・ケアの工夫」
「認知症の方への摂食・摂飲・栄養などの評価と支援・ケアの工夫」
「BPSDがある方を苦手にしない!興奮状態にある認知症の方への対応と支援」

※本研修は「認知症ケア専門士」単位認定講座です(3単位)

■詳細・申し込み方法について
下記公式ホームページより
http://www.tsuusho.com/ninchisyokea/

セミナー名 実践!認知症ケア研修会2017(大阪会場)
講師名 ・山下 総司氏(緩和ケアクリニック恵庭 介護部門総括責任者) ほか
開催日時 2017年 1月 21日  10時 00分 ~  17時 00分  あと2日
(受付開始:09:30)
定員 150名
会場 マイドームおおさか
会場の連絡先 06-6947-4321
所在地 大阪府大阪府大阪市中央区本町橋2−5
受講料 10,000円
お支払い方法 お申し込み確認後ご入金のご案内を送付いたします。
申込締切 2017年 1月 20日  あと1日
準備するもの
キャンセルについて ご入金後の参加費の返金はいたしませんが、参加者の変更は可能です。
備考 ■資料請求・お問い合わせ
日本通所ケア研究会事務局
担当:小川
〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
HP:http://www.tsuusho.com/
主催者 日本通所ケア研究会
お問い合わせ先 084-971-6686   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 このセミナーに参加する