HOME > 介護・看護・リハ職の連携強化のためのリハビリ知識と技術セミナー(大阪会場)

介護・看護・リハ職の連携強化のためのリハビリ知識と技術セミナー(大阪会場)


効果が期待できる運動や介助のポイントなどの伝え方を理解する!

多職種の考え方を変える必要がある!機能訓練≠リハ専門職

地域包括ケアにおける生活期リハビリテーションを支えるリハ職に求められているものは、生活機能の維持・向上等を図ることで、身体機能向上を目的とする機能訓練の提供だけに留まりません。
どのような介護状態であっても、充実してその人らしく暮らす工夫、方法を専門的知識・技術を持ってご利用者・家族に対してだけでなくケアに関わる全ての職種に対しての助言、指導を行わなければ期待できません。
ご利用者の残存能力を生かす介助法の伝達方法、「顔の見える関係の構築」など理解と協力を得るためにそれぞれの職種は何をすべきなのか。
このセミナーでは、ご利用者が効果を感じ、日常生活に定着するためにすべき知識と技術の共有について実践事例からお伝えいたします。

印刷 終了いたしました

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

【参加のポイント】
(1)生活機能の維持・向上は身体機能向上を目的とする機能訓練だけではない
(2)在宅生活を支える様々なステークホルダーとの連携・協働・補完
(3)ご利用者の自立とQOLが保たれるよう総合的に支援できるように調整

【セミナー内容】
■チームアプローチと連携
・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか
・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ)
・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握
・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事
・情報収集力とまとめる力
・結局…評価とクリニカルリーズニング
■コミュニケーションについて
・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け
・伝え方、言葉を変える
・バイスティックの7原則
・傾聴、共感、受容
・言葉以外の伝え方の工夫
・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割
■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント
・基本動作に必用な機能のおさらい
・生活場面における基本動作のマネジメント
・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法
・何のための連携
・環境に合わせた生活動作の指導
■介護場面で使える実技
・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング
・運動連鎖とバランス
・感覚に働きかける【実技】
・フィードバックのための声掛け
・ポジショニングの体感 ほか

※詳細はこちらからもご覧いただけます
https://www.tsuusho.com/enhance-collabo/
セミナー名 介護・看護・リハ職の連携強化のためのリハビリ知識と技術セミナー(大阪会場)
講師名 野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/理学療法士)
開催日時 2019年 6月 15日  10時 00分 ~  15時 30分 
(受付開始:09:30)
定員 40名
会場 CIVI新大阪研修センター
会場の連絡先 06-6160-5888
所在地 大阪府大阪市淀川区西中島3-9-13NLC新大阪8号館
受講料 12,000円
お支払い方法 お申し込みをいただいたお客様には郵送・FAX・メールのいずれかの方法にて請求書を送付いたします。
※事前振り込みが難しい場合は、当日現金支払いで対応いたします。
申込締切 2019年 6月 14日 
準備するもの 筆記用具、名刺など
キャンセルについて お手数ですが、事務局までご連絡ください。
備考
主催者 日本通所ケア研究会
お問い合わせ先 084-971-6686   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 終了いたしました