HOME > 高齢者の障がいに合わせたリハビリケア研修会(大阪会場)

高齢者の障がいに合わせたリハビリケア研修会(大阪会場)


回復期・生活期における効果的なリハビリテーションの展開とアプローチ

超高齢者社会を迎える日本では、2025年の地域包括ケアシステムの構築に向けて医療と介護・地域の連携推進がキーワードとなっており、医療でのリハビリテーションと介護でのリハビリテーションの双方が専門性の高いサービスを提供し、高い次元での連携が求められています。この高い次元での専門性の高いサービスを提供するためには、両分野でのリハビリ専門職は目の前のサービスだけに拘るのではなく、対象者に最適なリハビリテーションが提供できるようハンズオフ・ハンズオン両方の知識と技術を磨かなければなりません。「軽度者の改善ができない」「重症な患者・利用者には対応できない」というリハビリ専門職だと今後淘汰されていきます。この研修会では、回復期・生活期リハビリテーションにおける効果的なリハビリテーションの展開とアプローチの実践に精通した4名のセラピストが、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、シーティングやポジショニングの技術、認知症リハなど効果的なリハが提供できる手法などを講義と実技でお伝えいたします。

印刷 このセミナーに参加する

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

【こんな気持ちを抱えながら働いていませんか?】
・生活期における脳疾患リハの適切な介入方法って何をすれば良いの!?
・リハ職に求められている専門性の発揮って何!?
・シーティングやポジショニング技術で利用者の生活はどれくらい変わるの!?
・認知症リハで効果を実感してもらうためにはどうすれば良いの!?

【タイムスケジュールと内容】
※自由に選択できる4コース8つの分科会

■Aコース
9:45~13:00
「脳疾患(脳梗塞、脳出血、パーキンソン病の方など)リハビリテーションの基礎知識と最新の知見」
「脳疾患(脳梗塞、脳出血、パーキンソン病の方など)リハビリテーションの展開」

■Bコース
9:45~13:00
「高齢者によく見られる円背の方へのリハビリテーション知識と知見」
「円背の方が訴える腰痛・膝痛へ効果を出せるハンズオンの対応」

■Cコース
14:00~17:00
「セラピストだからこそできるシーティング 実践と評価」
「中、重度・終末期の人のポジショニング 実践と評価」

■Dコース
14:00~17:00
「認知症の方とのコミュニケーション・トレーニングの展開~状態に応じたコミュニケーションの取り方と注意することから」
「認知症の方の生活行為向上リハビリテーション~ADL・IADL訓練の工夫~」

【講師】
・山﨑 裕司 氏(高知リハビリテーション専門職大学 教授/理学療法士)
・山崎 琢 氏(理学療法士)
・波野 優貴 氏(SOMPOケア株式会社 教育研修部 生活リハビリ推進課/理学療法士)
・宮内 順子 氏(介護老人保施設ぺあれんと リハビリテーションセンター センター長/作業療法士)

【参加特典】
参加特典として参加者全員に「リハビリ新聞(非売品)」をプレゼントします

【詳細】
https://www.tsuusho.com/reha-care/

セミナー名 高齢者の障がいに合わせたリハビリケア研修会(大阪会場)
講師名 山﨑 裕司 氏/山崎 琢 氏 /波野 優貴 氏 /宮内 順子 氏
開催日時 2019年 10月 13日  09時 30分 ~  17時 00分  あと21日
(受付開始:09:30)
定員 100名
会場 マイドームおおさか
会場の連絡先 06-6947-4321
所在地 大阪府大阪市中央区本町橋2−5
受講料 12,500円
お支払い方法 お申し込みをいただいたお客様には郵送・FAX・メールのいずれかの方法にて請求書を送付いたします。
※事前振り込みが難しい場合は、当日現金支払いで対応いたします。
申込締切 2019年 10月 12日  あと20日
準備するもの 筆記用具、名刺、動きやすい服装など
キャンセルについて お手数ですが、事務局までご連絡ください。
備考
主催者 日本通所ケア研究会
お問い合わせ先 084-971-6686   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 このセミナーに参加する